通学の防犯対策に必要なこととは

近年、未成年に対する犯罪が増えてきているので、お子さんの登下校は安全であるか親御さんは心配なのではないのでしょうか。中でも、小学生の低学年くらいの幼い子が狙われやすいという統計が出ています。そこで、幼い子どもでもできる防犯対策はどのようなものがあるのか考えてみましょう。まずどのようなところで犯罪が起きやすいのかを知ることが重要です。例えば、人通りが少ないところや見通しの悪いところ、ガードレールのない道路や外から中が見えない公園などが挙げられます。また、後をつけられて家に侵入されるケースもあります。人目がつかないところで犯罪は行われやすいのです。そこで、子どもと一緒に通学路を歩いてみましょう。実際に見て、危険なところを大人が把握することで、有効な防犯対策をすることができます。

安全に通学するためには防犯グッズの活用を

それではどのような具体的にどのような防犯対策をするべきでしょうか。まず、有効だと考えられるのは防犯グッズです。防犯ブザーはかなり普及してきています。ランドセルやカバンに見えるようにつけておくことで、それだけでも防犯になりますし、使い方がわかりやすいので幼い子どもでも簡単に使えます。電池が切れていないか、壊れていないかなど定期的にチェックするようにしましょう。他には、子供ケータイなどのGPSも、子どもの居場所がわかるという点で有効です。何かあったときに親とすぐ連絡が取れるというのも安心です。小学生向けで、防犯ランドセルカバーというものもあります。背後からランドセルをつかまれたときにカバーだけが外れて逃げられるというものです。様々な防犯グッズがあるので、活用して安全に通学しましょう。

防犯対策は地域で協力しましょう

防犯対策は、防犯グッズももちろん大事ですが、人の目というのも大事になります。保護者や地域の協力で、通学中の子どもを見守るようにするということで安全性を確保することができます。そして、通学路に交番や110番の家など何かあったときに助けを求められる場所がどこにあるのかというのを確認するようにしましょう。家族で防犯についてしっかり確かめるといいです。また、子どもをひとりで登下校させないように、近所の子供たちで集まって通学することもおすすめです。ひとりにならない、知らない人に声をかけられてもついていかないなど、基本的なことを子どもに教えることで自身での防犯意識を持つことができます。子どもの安全は大人が守っていかなければなりません。家族や地域の協力で、安心して通学できるようにしてあげましょう。

当社の見守りサービスの特徴としましては、JR東日本で初めての改札システムを使用した子ども見守りサービスとなっております。 新しく端末等を準備する必要がなく、見守りサービスが利用できます。 チャージ残額も通知される見守りサービスは、まもレールだけです! 塾や習い事で電車を利用するお子さまを持つ保護者さまにとっては、うれしい見守りサービスとなります。 通学時の防犯対策はセントラル警備に一任してみませんか