これで安心通学時に自分でできる防犯対策

日ごろから防犯の意識を持つことで、我が子を危険から遠ざけることができます。毎日の通学で集団登校や下校を実施している地区もありますが、必ず、何度か親も一緒に通学順路を通り、人目の付かないところ、裏路地に繋がるところ、人数が少なくなる場所などをチェックしましょう。そして、危険なチェックポイントを一人で通らなければならない場合は、必ず後ろを確認させましょう。何度も振り向き警戒している様子でも抑止力になります。できれば危険な場所は見守りの方に報告して、見守りを実施してもらえれば安心ですが、見守りがない場合も近所の方と危険な場所の情報を共有しておき、子ども100番の家や施設、商店の把握に努め、予め子供と一緒に挨拶に行き、親と子供の顔を覚えてもらうと、日常的に声をかけてもらいやすくなり、犯罪者のターゲットになり難くなるでしょう。

通学時のイレギュラーな事態にも対応できる防犯対策

通学時に、いつイレギュラーな事態が起こるかわかりません。特に小学3年以降になると、友達との約束が優先される場合が出てきます。友達と待ち合わせをしていたけれど、すれ違ってしまった結果、いつもと違う集団下校に紛れてしまい迷子になったケースがあります。そんな時の防犯対策として、見かけたコンビニや商店、子ども100番のステッカーが貼られている施設や家などで、迷子になったことを、説明できるよう訓練させましょう。駅の駐輪場でも、子ども100番を実施していますので、日常的に近所のこどもの安全が守られている場所を把握させておくと良いでしょう。それらは危険な目に合いそうな時に走りこんで助けを求める場合も有効です。そして親に連絡がとりやすいように、子供の持ちものに、両親の携帯番号を記載しておきましょう。さらに暗記させておくと、災害時にも役に立ちます。

通学時に有効な防犯グッズと対策

通学時に怖いことがあっても、とっさに大きな声など出ません。一瞬でトラブルに巻き込まれる場合があります。そういう場合に有効かつ防犯になるのは、引っ張ってブザーがなるタイプの防犯ブザーを、ランドセルの左肩からよく見えるように付けておくと良いでしょう。防犯ブザーが見えているだけで抑止力になりますし、不安な時はブザーをにぎって歩き、いざという時に腕を下に向ければブザーがなります。さらに有効な行動として、少しでも怖いと感じた場合は全速力で走ることも覚えさせましょう。とっさの行動には、不審者もすぐに反応できません。急な用事を思い出したように見せることもできますし、不審者を逆上させる恐れも少ないでしょう。やはり、その時も近くの子供が守られる施設、商店、コンビニなどに駆け込んで、助けを求める訓練をさせておきましょう。