安心できる通学に備える防犯対策の例

子供が生まれて幸せな気持ちになる一方、どうしても気にしてしまうのは「変なトラブルに巻き込まれたりしないか…」というところです。今の世の中、様々な問題が起こっており、弱い立場である子供が犠牲になってしまうことがあります。保育園や幼稚園へ通っている時は親が送り迎えをしますが、小学生になるとそういうわけにもいきません。通学は1人でするパターンも多いです。また、近頃は核家族や共働き世帯が増加しているため、しっかり子供を犯罪から守れるかとなると、そう言えないところが多々あります。少子化が原因で集団登校も廃止されている小学校があったりもするので、親としては防犯対策をしっかり行おうと考える人も多いのではないでしょうか。多くの親は、「居場所を知りたい」「連絡を取りたい」といった要望が多いと思います。そこで、キッズ携帯やGPSなど、子供の見守りができる端末を検討していきましょう。

通学の際の防犯対策キッズ携帯について

通学時の防犯対策に効果的なアイテムの1つ「キッズ携帯」ですが、大手携帯電話会社のドコモ、au、ソフトバンクが提供しています。キッズ携帯は子ども向けの携帯電話で、小学校に入ったばかりの子どもでも使用しやすい手のひらサイズの小さな端末に、携帯電話としての最低限の機能はもちろんのこと、見守り用の機能が搭載されています。キッズ携帯は、親の契約のオプションサービスのような位置付けで格安で利用できることが大きな魅力です。端末代金や月額料金はかかってしまいますが、価格はそれほど高額ではないので無理なく購入できます。しかし実際、キャンペーンのときには端末の代金、月額料金が無料になる場合も多くありますので、キッズ携帯を検討している場合は、近くの店舗のキャンペーン情報などチェックしておきましょう。

通学時の防犯対策GPS端末について

民間の警備会社が提供しているGPS端末を使用した見守りサービスも、子どもの見守り用に使えます。こちらは見守りのために作られている端末ですので、子どもが自発的に電話をかけることはできません。また、SMSなどの機能もないので子どもは本当に持っているだけで大丈夫です。例えば、携帯電話が持ち込み不可能な学校でも、携帯ではなくGPS端末ならOKな場合があります。現場急行サービスが基本のサービスとして利用できるのは、キッズ携帯との大きな違いです。通学中のいざというときに現場急行サービスがあると頭に入れていると安心できます。料金は、キッズ携帯よりも高めですが、キッズ携帯のように2年契約の縛りがなく、警備会社との独立した契約となるため、縛りを気にすることなく使えます。このように防犯対策グッズは種類がありますので、今一度子供の安全を熟慮してトラブルを無くせるようにしましょう。