実際に役立った通学時の防犯対策の例

小学校への入学を果たすと一人で通学しなければならない場合もあります。地域によっては集団で通学することもありますが、下校時などは学年によって異なることも多く、必ずしも一人になることがないとは言い切れません。近年では多くの犯罪も発生しているためこうした通学時には防犯対策をしっかりと行うことが求められます。防犯対策ではあらゆる防犯グッズが役立ちます。例えば昔から定番の防犯ブザーです。実際に知らない人に声をかけられて不安になり声が出ない小学生は少なくありません。こうした場合に防犯ブザーは周りの人に異常を示すことができ役立てることができます。また防犯対策の中で非常に効果が得られるのが地域の見守り隊です。ボランティア活動で親や地域の高齢者などが見守ることで実際に犯罪を予防できたケースも多いのです。

通学時に使える人気の防犯グッズとは

通学時に使える防犯グッズの中で人気があるのは、防犯ブザーです。防犯ブザーは手軽に購入できることや小学校低学年でも簡単に扱えることで入学の際に買いそろえる人も多いです。防犯ブザーを買う場合のポイントとしては購入前に音を確認することです。大きな音の出る防犯ブザーでなければ実際に危険なときに周囲に知らせることができません。また持ち運びに便利なサイズであることや、操作が簡単であることも大切です。最近ではGPS付きのキッズ携帯も人気を得ています。GPSが使用できれば、今どこにいるかが把握でき、何かあれば電話することもできるため安心することができます。しかし学校によっては携帯を持っていくこと自体が禁止されていることもあるため購入する前にきちんと確認しましょう。また低学年には操作自体が難しい場合があるため注意が必要です。

通学時の防犯対策には地域との連携が不可欠

学校への通学時の防犯対策とし防犯ブザーなどの防犯グッズを持ち自分たちで対策をとることも非常に重要ですが、個人での対策以外に学校側と各家庭、さらに地域でしっかりと連携をとることが不可欠です。例えば学校側だけが防犯に対して子どもたちに教育していくだけでなく、各家庭で子どもたちにしっかりと防犯に対して意識を高めることも防犯対策としては重要なことです。また地域の見守り隊も安全に通学するために非常に重要です。人の目が行き届くことこそが防犯の対策となります。通学路に危険な個所はないか、一人になる子どもたちはいないかなどを事前に確認しなければなりません。通学路をしっかりと各家庭と地域で見守ることで、実質的に死角をなくすことで犯罪を未然に防ぐことに大きくやくだてられるのです。