防犯対策をしないと通学にはこんな危険がある

幼稚園や保育園までは通園バスがあったり、保護者の送迎があったりしますが、小学校へ上がるとそういうわけにもいきません。自分で歩いて学校へ行かなくてはならず、保護者側からすると不安に思う事が多々あります。通学中や帰宅途中、危険に問題に巻き込まれるというニュースをよく目にします。もちろん、通学路を見守る人たちもいますが、すべてを見きれるわけではありません。ひとりで歩いているところを襲われるなど、子ども自身では防ぎきれない事もたくさんあります。そういったことから、今は防犯グッズが数多く存在します。防犯対策をするという事は、子どもたちを守る事に繋がります。安心して学校へ行くために、しっかりと備えをする必要があります。今回はそんな通学の防犯対策についてお話ししていきます。

防犯対策をする理由、通学に潜む危険について

防犯というと、一番に思い浮かべるのは不審者による連れ去りです。実際に、その心配をしている保護者は多いと思います。暗くなる夕暮れに狙われるケースが多いため、子どもたちには暗くなる前に家に帰るよう話しているでしょう。しかし、子どもからすると遊び足りないと感じ、言う事を聞いてくれない場合もあります。警視庁によると、不審者による声掛けは通学路で多く発生しています。時間帯としては、朝の通学時間帯である8時台、下校時間である午後3時から5時に集中しています。対象はやはり、低学年の児童が多いと言います。ひとりで歩いていたりすると、狙われる確率が上がってしまいます。言葉巧みに誘導するため、低学年の子どもでは疑う余地すらないかもしれません。それでも、ひとりで行動するという事は教育上必要な事でもあります。では、危険に遭わないために出来る事を考えていきましょう。

防犯対策をする為のグッズについて

子どもの防犯でまず必要なのは、家庭での話し合いです。話し合いというよりは、子どもにしっかりと言い聞かせるという事になります。ひとりで出歩く事の危険性や、問題が発生した時にどう対処すべきか、知らない人には絶対について行かない事や、知っている人でも簡単について行かない事など、日ごろから話しておく事がまず必要です。そして、通学路に危険が無いかを、保護者自身確認しておきます。その上で、防犯グッズを持たせましょう。防犯グッズと聞いてまず思い浮かぶのは、防犯ブザーです。子どもがいざという時にすぐ使える位置に持たせ、使い方をしっかりと教えておきましょう。持っていても、使えなければ意味はありません。ブザーを選ぶポイントは、音の大きさ、持ち歩きやすい物、壊れにくい物かどうかです。